快眠枕「六角脳枕」通販はコチラから


>>超熟睡できる「六角脳枕」の通販はコチラ<<

人体のメカニズムを理解した枕

六角脳枕をご存知でしょうか? 文字通り六角形をしたなんともいびつな形をした見慣れない枕なんです。 これが実はとても大きな話題を呼んでいます。 そもそもなぜ六角形にしているのか?

それは人間の細胞のすべてが六角形の形をしているからなんです。 自然界でも多くの六角形を見ることができます。 たとえば蜂の巣。 あれも六角形の集合体ですよね? これはハニカム構造と呼ばれていて、丈夫で軽い構造であるという特徴を持っています。

六角脳枕がなぜ六角形なのか? それは脳細胞の集合体に円滑に情報の伝達を起こし、 眠っている時の脳波の乱れというものをなくすということからこういった形になっているのです。

>>不眠解消のメカニズム!「六角脳枕」の通販はコチラから<<

不眠の原因をしっかりと解明

六角脳枕のもうひとつの特徴としては、 不眠や眠って起きた時に起こっている肩こりが起きる原因というものをしっかりと分析し、解明している点にあります。 実はこういったものの原因を多くの人間は誤解していて、 枕の高さというものに重点を置いて考えてしまっているところがあるんです。 しかし仰向けで寝た場合と横向きで寝た場合では枕の高さを設定しても、まったくそれが変わってしまうという現象が起きてしまうのです。

人間には寝相というものがありますし、寝返りをまったくうたずに長時間同じ姿勢のままで眠るなんてことができている人間はまずいません。 六角脳枕ではこの原因を究明し、それを改善するためにW型の凸凹構造になっているのです。 これが人体の中で最適な高さというものに調整されていますから、 首や肩に負担や緊張をかけることがなく睡眠につくことができるのですよ。

>>快適な睡眠!「六角脳枕」通販はコチラから<<

こだわり抜いた枕の素材

さらに六角脳枕が安眠を提供できるポイントとして、枕の素材というものに徹底的にこだわっていると点があります。

たとえば昭和の人間がよく利用していたそば殻の枕。 通気性がよく安価であり、昔から愛されている素材の枕ではありますが、 そば殻が枕の中で頻繁に移動してしまうために、 枕の高さ調整とういものができないというデメリットがあります。 そして寝返りを打った時の首への負担が大きいという点もデメリットのひとつです。

六角脳枕では気温の変化につよい低反発マイクロウェーブ素材を使っていますから、高さの調整も抜群にしやすくなっています。 また通気性もよく、 肌触りも抜群という特徴を持っていて、 まさに最高の枕を作るために開発された素材であるといえるのですよ。