医師と理学療法士

病院や医療機関では医師が単独で病気やケガを負った患者さんを診ているわけではなく、医師を中心に様々なコメディカルたちが病気やケガの回復に必要な養生を専門的にサポートをしています。また近年は様々な医療専門職がお互いの領域を尊重し、対等に連携し、患者さんを中心とした医療を実現していこうとするチーム医療の考え方が医療に強く反映されるようになりました。各領域のスペシャリスト性、プロフェッショナル性を求める傾向も強く、コメディカルたちがより専門性を持って活躍しています。

理学療法士(Physical Therapist, PT)とは、病気やケガが原因で身体に障害を生じ、日常生活の動作が不自由になった人に対し心身機能を回復するために、マッサージ、治療体操、運動療法、など物理的手段を用いて治療をしていきます。理学療法士は老化による身体機能の低下、先天的障害、病気やケガなど後天的に心身機能を大きく損傷し運動機能が低下、もしくは身体に障害が生じた人の機能回復・機能維持のために効果的な治療と訓練を行い、日常生活の自立を目指します。起き上がる、立ち上がる、歩く、動かすなど日常生活を行う上で基本となる動作ができるように身体機能の回復を目指すため「動き」のスペシャリストとも言えるでしょう。

治療方法や機能回復の訓練では主に身体筋力の増強、関節や神経の機能回復、歩行や立位などの日常生活動作に向けた運動療法を中心に、補助的手段として患部をマッサージでもみほぐす、治療用のプールで負荷をかけずに動かし、電気刺激、温熱、超音波、水治療などの物理的療法を組み合わせた治療も行います。

理学療法士は高齢者や事故による身体機能障害を持つ人の他、脳卒中による身体麻痺がある人、運動能力に発達の遅れがある新生児、循環器疾病や難病などの身体的な障害を持つ人など様々な患者さんを対象にしています。特に今後予想される超高齢化社会においては、脳血管障害や痴呆症といった老年期障害が増え、病院と高齢者向けの福祉施設が連動したリハビリ活動がニーズを増すとされており、理学療法士は大きな役割を担うでしょう。

リハビリとは体の機能や能力を「もとの状態」「もとのあるべき状態」に回復させる療法を言います。先天的な障害や病気やケガによって起こる心身機能の障害は、身体を動かすという機能的問題のみならず、日常生活の制限や、社会的活動の制約にもつながるため、患者さんの社会的自立も含めた回復においてリハビリの重要性は高く、その認識が強まってきています。

産婦人科の求人をお探しですか?

Copyright (C) 2007-2014 医師と理学療法士. All Rights Reserved.