Google

Yahoo! JAPAN



【遺伝情報総合リンク集】

遺伝(いでん)とは、生殖によって、親から子へと形質が伝わるという現象のことであり、生物の基本的な性質の一つである。

素朴な意味では、親子に似通った点があれば、遺伝によるものだ、という言い方をする。しかし、生命現象としての遺伝は、後天的な母子感染による疾患や、非物質的情報伝達(学習など)による行動の類似化などは含まれない。

遺伝現象は、人間の親子関係や栽培植物、家畜やペットの育種などを通じて意識され、そのような中で、単にすべての形質が親から子に伝わるものではなく、伝わりにくい形質や、何世代かをおいて出現する形質があることなど、さまざまな不思議な点があることが意識されるようになり、科学的な解明が始められた。また、品種改良などにおいては、経験則の下で進められていたものに、はっきりした理屈が与えられれば、さらに発展が見込めることなど、実用的必要性もあった。そういう中から遺伝学が発展してきたものである。

グレゴール・ヨハン・メンデルによる遺伝法則の発見によって遺伝子の存在が示唆された。後に染色体がその担体であり、娘細胞へ分配されることにより遺伝情報が伝わることが示された。つまり細胞の核が遺伝子を擁して細胞を統括する。

現在では遺伝子は核酸(DNAもしくはRNA)の機能的単位を示すものとして事実上定義される。このため、遺伝子≠遺伝情報であることには注意が必要である。遺伝子は遺伝情報の担体の一つである。プリオン、ウイロイドなどが遺伝子ではない遺伝情報の担体の分かり易い例としてあげられるであろう。核以外に存在する遺伝子による現象を細胞質遺伝という。

また、遺伝は、親と同じ形の子供を作る働きであり、他方、生物は長い年月の中では、次第にその姿を変える進化という現象を見せる。この両者は一見矛盾するので、それを説明するのが進化論である。チャールズ・ダーウィンは自説の説明のために遺伝の研究の必要を感じ、ハトの遺伝を研究したのが有名である。

・彼女と川崎 デートスポット
・クレジットカードを開設する前に賢くクレジットカード比較をしよう|
・株式投資をするなら日経225で割安に始めよう|
メディカルプラネット 評判はコチラ|

遺伝現象は古くから知られていたが、遺伝する形質(表現型)は交雑とともに混じりあっていくと考えられていた。メンデルはエンドウマメの形態に注目して交配実験を行い、形態の遺伝が一対の遺伝粒子を仮定することで説明できることを発見した。詳しくはメンデルの法則を参照。またウォルター・S・サットンが染色体の観察から遺伝の染色体説を提唱し、モーガンらが遺伝学的手法を用いて遺伝子が染色体上にあることを証明した。

染色体は DNA やタンパク質から構成されており、当時、遺伝子の正体はタンパク質であると考えられていた。アベリーやハーシーらの実験により DNA が遺伝情報を担っていることが明らかにされた。ワトソンとクリックらによるDNAの2重らせん構造の発見後は、DNA上にある遺伝子の物質的な側面からの研究が発展し分子生物学とよばれる研究分野が開拓された。遺伝子の機能の解析は生物学のほとんどの分野と関係がある。

一方、個体群における遺伝子頻度の変化を、特に自然選択の視点から実験、観察、および数学的手法にもとづいて研究する分野は集団遺伝学と呼ばれる。

・高収入バイトならチャットレディがお勧め|

日本の遺伝学の歴史は古く、日本の遺伝学の代表的な学会は日本遺伝学会であり、毎年一回秋に年会を開き、2007年で79回目を迎えた。また遺伝学を中心とした研究を推進する機関として、遺伝学研究所が静岡県三島市にある。研究所発足当初は地元の住民との軋轢があり職員がトマトをぶつけられる事件もあった。現在は住民との良好な関係を築いており、地元では「遺伝学」といえば「遺伝学研究所」を示すまでにいたる。近年の遺伝学は、DNAの塩基配列のみをあつかう進化理論中心のドライな研究と遺伝子やゲノムの機能を解明するウェットな研究に2分化され解離しつつある。進化理論の代表的な研究者は遺伝学研究所の所長をつとめた木村資生、その「中立説」は進化理論に大きな影響を与えた。なお現在この中立説は修正を余儀なくされ、現在は、「ほぼ中立説」と名前を変えている。 またウェットな研究分野としての代表者は、多数いるが、その中心人物としては、岡崎令治と小川英行(現岩手看護短大学長)がいる。岡崎令治はDNA複製のラギング鎖合成時にRNAの短いフラグメントの形成が起こることを発見し、岡崎フラグメントと名づけた。これによりノーベル賞を期待されたが、癌で世を去った。妻の岡崎恒子が研究を続け、ユネスコ女性科学者賞をとりその成果を発展させている。小川英行は日本で初めて遺伝的組換えに必須な遺伝子recAを大腸菌から発見した。その後、真核生物の遺伝的組換えにかかわるRad51の機能解明、Mre11の発見など重要な研究を発表し、遺伝子がどのように子孫に伝わり、どのように父親と母親の遺伝子が混ぜ合わされるのかの遺伝学の重要な問題の解明を行った。

・小林製薬のヒフミド 成分レビュー|
・AV男優仕込みの潮吹きテクニックを習得|
・精力増強にマカがお勧め|
・借金返済はおまとめローンで一元化!|

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2009 【遺伝情報総合リンク集】 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4